地層処分フォーラム~対話活動のこれからを考える~

 日本には、これまでの原子力利用の結果、放射能レベルの高い廃棄物が既に相当量存在しています。この廃棄物は安定した地下深くに処分(地層処分)することが必要ですが、いまだその処分地が決まっていません。
 この問題の解決に向け、昨年5月、処分地の選定に向けて国が「科学的有望地」を示すなど前面に立って取り組む方針を新たに決定しました。この「科学的有望地」は、処分場所としての科学的な適性が高いと考えられる地域を一定の面的拡がりを持って示しつつ、国民や地域の関心と理解を深めることを目指すものであり、長い道のりの最初の一歩と考えています。
 本フォーラムでは、「対話活動のこれからを考える」をテーマに、どのように対話活動を進めていくか、どうように関心・関与を持ち続けてもらうか等について、参加者との意見交換や専門家とのパネルディスカッションを通じて考えていきたいと思います。


高レベル放射性廃棄物の地層処分


参加申込チラシはこちら

開催概要

開催日
平成28年3月20日(日・祝)
開催時間
開場13:30 開会14:00 閉会16:30 (予定)
会場

東京国際交流館 3階メディアホール
(東京都江東区青梅2-2-1 国際研究交流大学村)

[アクセス]
ゆりかもめ「船の科学館」東口から徒歩約3分、
りんかい線「東京テレポート」B出口から徒歩約15分


会場URL:
http://www.jasso.go.jp/ryugaku/kyoten/tiec/access.html

定員
90名 参加無料
申込み
受付終了
※受付を終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。
プログラム
○パネルディスカッション・モニターとの対話
<パネリスト> ※五十音順
木村 浩氏     (NPO法人パブリック・アウトリーチ研究企画部研究統括)
吉田 英一氏   (名古屋大学博物館教授)
吉田 省子氏   (北海道大学大学院農学研究院客員准教授)
モニター参加者(※)
<コーディネーター>
八木 絵香氏   (大阪大学コミュニケーションデザイン・センター准教授)

※モニター参加者:
   一般の方の中から参加者を募集し、ご協力いただいた方々。
フォーラム当日は、Ustreamでの動画中継を予定しています。
URL:http://www.ustream.tv/channel/dousuru-hlw24

▲ ページの先頭へ

資源エネルギー庁



参加申込みに関するお問い合わせ
「地層処分フォーラム」参加受付事務局
TEL:03-6432-4547(平日10:00~17:00)